8月30日に行われる、Netz Cup Vitz Race西日本シリーズ第2戦への出場が決定しました!今回のドライバーは、藤松楽久が務めます。

晩夏のオートポリスでのレース

場所は大分県 オートポリス。日田市上津江町に位置する、1周4,674mの国際規格コースです。非常にダイナミックな高低差を持ち、高速度域でのアグレッシブなテクニックが要求されるドライバーズサーキットとして知られています。テクニカルに組み合わさるコーナーを失速させずに駆け抜けることでローパワーなヴィッツを補いつつ、多数のパッシングポイントでライバルと戦っていく必要があります。

MSSらいむレーシングにとって初となるオートポリスでは、レギュラードライバー米川直宏に代わり、地元ドライバー藤松が向田らいむ号のシートに収まります。豊富なレース経験を持つ藤松ですが、ヴィッツへの経験が浅いため、しっかりとテストを重ねました。万全の準備を整え、灼熱のオートポリスに挑みます!

レーススケジュール

近日発表

オートポリスへのアクセス

オートポリスへ公共交通機関を利用して向かうことはできません。オートポリスのアクセスガイドを参考に、自家用車やレンタカーでご来場ください。

ご観戦には、入場料として一人1,500円が必要です。